いつでも全国送料無料!

運動中の筋肉をダメージから守る! - カツサプ公式サイト

運動中の筋肉をダメージから守る!

運動中の筋肉をダメージから守る!

筋肉痛はなぜ起こる?

筋肉の酷使などで筋繊維に細かい傷がつく→傷を修復しようと血管が拡張し白血球が集まる→プロスタグランジンなどの痛みを起こす発痛物質が生成され痛みを感じる

 

一般に言われている筋肉痛とは、運動数時間後から数日後に発生する筋肉の痛みのことです。そして、医学的には遅発性筋肉痛と呼ばれます。現在、筋肉痛のメカニズムは明確には解明されていません。大きな負荷がかかり、傷ついた筋繊維が回復の過程で炎症を起こします。そして、炎症により活性化する物質の中に痛みを引き起こすものがあるため筋肉痛が起こるとされています。

 

CK値で筋肉の損傷程度が分かる

 

 

激しい運動をすると、骨格筋繊維の細胞膜が破損します。そして、壊れた筋細胞中に含まれるクレアチンキナーゼ(CK)が血中に流れ、CK値が一気に上昇します。このことから、CK値は筋肉の損傷指数とされています。CK値の通常値は、男性57〜197 IU/L、女性で32〜180 IU/Lとされています。値が1000 IU/Lを超えると筋肉の損傷が大きいと考えられています。

 

CK値の上昇を抑え素早く回復

 

『カツサプ』は、筋肉のダメージを未然に防ぐことでパフォーマンスをサポートします。また、筋肉のダメージを未然に防ぐことで回復にかかる時間の短縮もサポートします。

 

【 検証実験 】

◆◇◆◇ 実験1 ◆◇◆◇

 

 

 【 実験内容 】

大学サイクリング部の男子学生18名を対象に、「プラセボグループ6名」「カツサプ1.8g摂取グループ6名」「カツサプ3.0g摂取グループ6名」という3つのグループに分けて、それぞれ同等の運動を行い、運動後にCK値を測定。

 【 結果 】

結果は、カツオペプチドの摂取量が多いグループほどCK値が低、筋肉のダメージが抑えられました。

 

◆◇◆◇ 実験2 ◆◇◆◇ 

 

【 実験内容 】

毎回マラソン大会の翌日に採血を行っているメディカルランナーに、カツサプを摂取したフルマラソン大会で採血を行ってもらい、クレアチンキナーゼの数値を比較。

 【 結果 】

カツサプを使用しないマラソンではCK値が1000 IU/L以上でした。カツサプを使用した2戦ではCK値がいずれも600 IU/L台に収まっていました

 

 

ほかの効果を見る

乳酸をエネルギーに変える!

筋疲労による筋ケイレンを抑止!

前の記事
次の記事

新作記事

マラソンでのエナジージェルの問題点と代替品!

エナジージェルにって引き起こされる問題とは?ナチュラルな食品の代替品もご紹介!

カツサプを飲んで自己記録更新を達成しました!

カツサプで、世界記録、サブ2.5、サブエガ、サブ3、サブ4を達成した方を紹介します!

マラソン大会から回復する方法!

マラソン大会後のダメージから素早く回復するための方法を紹介します!

マラソンタイムを的確に縮める方法!

マラソンタイムを縮めるには、やみくもなプランではなく、的確なプランを遂行することが重要!

遅いランナーと速いランナーの6つの違い!

バルセロナマラソンの参加者を対象とした研究で、遅いランナーと速いランナーに違いがあることが判明!

フルマラソンで30kmの壁を避ける方法と対処法!

30kmの壁を避ける方法とぶつかったときの対処法を紹介します!

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

ショッピングカート