トライアスロン

アスリートが検証!カツサプで心拍数は下がるか?

『カツサプ』を飲んで心拍数に変化があるか?

日頃からデータ分析を行い自身の身体のことを熟知しているトライアスロン選手やセミプロの方5名の協力のもと、各々のバイクについている計測器を用いて、心拍のデータを測定してもらいました。

測定の結果を発表!

石橋健志選手

心拍数160bpm→156pm

同じメニューでカツサプなしの場合、ありの場合で試したところ、心拍数が4bpmほど抑えられて快調にメニューをこなせました。

東度久美選手

心拍数167bpm→157pm

3kmのウォーミングアップの後にペース走5kmを別日で比較。体感ではそんなに変わりがないかなと思っていましたが、データを見るとかなりの違いに驚きました。カツサプなしの日は5kmで疲れ終了しましたが、カツサプありの日はペースが落ちなかったので3kmプラスし8kmまで走れました。しかも、心拍が170台になったのはラスト1kmのみでした。

大西勇輝選手

心拍数160bpm→158pm

ランニング800m×5本(インターバル200m)で比較。800mを3分10秒設定で5本、心拍数の差などを検証しました。上記のデータを解説すると、カツサプ使用時の方が、800mのラップタイムはほぼ変わらないが、心拍数は下がっている(特に前半)。体感的にもカツサプ使用時の方が余裕があり、後半まで体がよく動いた感覚でした。

巽朱央選手

心拍数133bpm→131pm

実走なので微妙に条件は違うが、カツサプありの場合、なしの場合を別日で比較。最大心拍は今日の方が大きいもののNPと平均心拍数が低いのに平均時速が上がっていました。筋肉のダメージも今のところありません。

佐藤為選手

心拍数180bpm→174pm

月に1回くらいの頻度でランニングの走力をテストする定番メニュー、400m×10本のリカバリー60秒で比較しました。スタート後3本目くらいから少しずつ心拍が上がってくるが、そこからさほど上がらず、最後3本も通常は心拍数180台まで上がるが174くらいまで上がりフィニッシュしました。

測定をした5名全員が、『カツサプ』を飲んだ場合に平均心拍数が下がりました。『カツサプ』の主成分カツオペプチドは、血中乳酸をエネルギーに転換させ、また自律神経に働きかけ副交感神経を高める効果があります。副交感神経が高められることで心拍数が下がる効果が期待できます。