マラソン

鎮痛剤でトラブルが4倍?!正しいリカバリー対策

筋肉の強い痛みを抑えるために鎮痛剤を服用するランナーが多い

レース中に筋肉に強い痛みを感じるランナーにとって、鎮痛剤の予防投与は常識と言っていいほど、本番レースだけでなく練習からもロキソニンやボルタレンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を飲んでいるランナーが多いようです。2013年『ブリティシュ・メディカル・ジャーナル・オープン』に発表された論文では、アンケートに回答したランナー3913人中、49%のランナーがレース前にNSAIDsを服用していたことが明らかとなりました。また、2010年のボンマラソンでの調査でも、対象者4000人中、54%のランナーが鎮痛剤を使用していたという研究結果が報告されています。

鎮痛剤はデメリットの方が多い!?

鎮痛剤を使用するランナーは多いですが、鎮痛剤には副作用のリスクがあります。マラソンで鎮痛剤を使用したランナーは、胃の痙攣、胃腸の出血、心臓血管系の問題、血尿、筋肉痛、関節痛などの発症が4倍高くなったという報告があります。また、鎮痛剤を多く服用したランナーほど症状の悪化がみられ、9人のランナーは一時的な腎不全、胃腸出血、心臓発作を起こし病院に運ばれました。このようなリスクのある鎮痛剤ですが、ドイツの研究では鎮痛剤を服用した人も服用しなかった人と同じくらいの筋肉痛を経験したという研究結果が報告されており、鎮痛剤の服用に対し考えさせられます。

そもそも筋肉痛はなぜ起こるのか

激しい運動をすると、筋肉の細胞膜が壊れ、細胞内にあったクレアチンキナーゼ(CK)が血管の中に流れ込みます。つまり、血液中のCK値が高いということは、筋肉のダメージが大きく、筋肉痛がひどい状態に繋がります。

筋肉痛には、即発性筋肉痛と遅発性筋肉痛があり、メカニズムは明確に解明されていませんが、即発性筋肉痛は運動した直後や早ければ運動の最中に起こる筋肉痛で、疲労物質である水素イオンが蓄積することにより起こるとされています。一方、遅発性筋肉痛は運動数時間後から数日後に起こる筋肉痛で、筋細胞が傷つき炎症が起こり、炎症により活性化する物質の中に痛みを引き起こすものがあるためと考えられています。痛みのピークに連動してCK値もピークになり、痛みが和らぐにつれてCK値も徐々に戻っていきます。

新常識!痛みを感じる前にリカバリー対策

鎮痛剤を服用するランナーは、自己ベストを更新したい、完走したい、練習を無駄にしたくないといった強い思いがあるにも関わらず、良い解決法が見つからないために鎮痛剤に手を伸ばしているのではないでしょうか。カツオ・ペプチドを主成分とする『カツサプ』には筋肉のダメージを軽減させる効果が期待できます。検証実験では、筋肉のダメージの指標となるCK値を抑える効果があることが明らかとなっています。また、安全性にもこだわっており、国産天然成分で胃腸に優しく空腹時でも飲むことができます。

You Might Also Like