マラソン

足つり防止に万全の対策を!摂取するべき補給

レース中に足がつる

マラソンやトレイルランニングのレース中に足がつり思うようにレースが運べなかった経験はありませんか。これは運動誘発性筋痙攣(EAMC)とも呼ばれ、レースの後半で足をつるランナーが多く、無理をして走り続けると肉離れなど大きな故障に繋がるので棄権の判断をすることも大切です。一度足をつるとクセになり頻繁につりやすくなるとも言われているので気をつけましょう。

足つりの主な3つの要因

足がつるメカニズムは現時点では解明されておらず、様々な原因が考えられています。筋力不足による筋疲労、発汗による水分不足や体温低下、電解質のバランスの崩れ、練習不足、緊張やストレスなどが原因として考えられています。また、気温や気候、コースの地形など環境面も原因となると考えられています。その中で有力な原因とされているのは、水分不足による電解質のアンバランス、筋疲労、練習不足の3つです。

足つりを防ぐ補給面での対策

足つりを防ぐために、補給の面では2つの対策が考えられます。

1つ目は、水分・電解質の補給です。私たちの身体の60%は水分でできており、その水分は体液として存在しています。体液には、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの電解質が含まれており、体温の調整、筋肉の収縮など身体の機能を調整しています。運動により汗をかくと、これらの電解質も体外に排出されてしまい、身体の機能を保つためにも失われた分を補う必要があります。日本スポーツ協会は水分・電解質の補給として、ナトリウムを40〜80mg/100mgと4〜8%の糖質を含んだ飲料が適していると言います。運動前に250〜500ml、運動中に1時間で500〜1000mlを200ml程ずつ数回に分けて補給することをオススメします。

2つ目は、筋疲労の軽減効果です。筋疲労の軽減効果があるカツオ・ペプチドは足つりの一因である筋疲労による筋肉への神経伝達異常に効果的です。脳や脊髄は、常に筋肉からリラックスと収縮の信号を受信していますが、筋肉が疲労してくると脳と筋肉の信号が矛盾し足つりを起こします。

有効成分の含有量が多い!最強サプリメントで足つり予防

『カツサプ』は、サプリメントの含有量に関して厳しい規定がある米国サプリメント基準『cGMP』をクリアしているため、国内のサプリメントに比べ含有量が多いのが特徴です。『カツサプ』2袋に含まれるカツオ・ペプチドの量は、カツオ1.5kgに相当し、カツオのたたき105枚にも相当します。

運動中の足つり防止に万全な対策を!カツサプの効果的な飲み方

水分・電解質を補給し、『カツサプ』を飲むことで、運動中の足つりに対して万全の対策をしましょう。運動量に適した量を、運動前に飲み、運動中に飲み足すのがポイントです。

You Might Also Like